2017年4月26日水曜日

自宅で簡単!足の裏から自然に解毒させるホームメイドのシップの作り方


Homemade Detox Foot Pads For Removing All The Dangerous Toxins From Your Body

体内から危険な毒素を除去するための自家製デトックスフットパッド:


Homemade Detox Foot Pads For Removing All The Dangerous Toxins From Your Body


運動不足になるなど、体の代謝機能が低下すると、特に足首、足、下肢の周りに悪い循環を引き起こす可能性があります。

この問題の解決策として、足の裏に解毒パッドを貼ると、そのデトックス効果で改善させることができます。
 

このパッドを貼ると、血液とリンパ液が循環するのを助け、体内からの毒素も吸収し、リフレクソロジーのポイントを刺激します。

デトックスフットパッドは実際には、夜中に毒素を排除するために寝る前に貼ることをお勧めします。


これらすべての材料は全て安価でそろえることができ、

自宅で自分のデトックス足パッドを簡単に作れます。

2017年4月23日日曜日

ターメリック(ウコン)の発酵ドリンクレシピ 

2017年4月18日火曜日

レモンは22の抗癌化合物を含有し、癌リスクを50%低下させます!

image

レモンピール(レモンの皮)は人の免疫システムを増強し、

コレステロールを低下させ、さらには癌を予防します。 


Lemons contain 22 anti-cancer compounds and reduce risk of cancer by 50 percent
By Lynn Griffith Natural News.com Posted Friday, April 14, 2017 より



レモンピールはまた、抗菌性であり、再び細菌感染を防御することができます。(1)レモンピールに含まれる栄養素は、免疫システムを強化するのに役立ちます。コレステロールを低下させ、癌を予防します。

研究では、本質的に植物性栄養素が体に害を及ぼすことなく化学療法よりも優れていることが示されています。改変された柑橘ペクチンは、柑橘類果実の果肉および果皮に由来し、前立腺癌、乳癌および皮膚癌の他の器官への伝播を阻害することが判明しています。


 

リモノイドは、柑橘系の皮に見られる化学物質で、皮を苦くします。 

それらはまた、癌細胞の成長を遅らせ、癌細胞を殺すことさえできます。レモンは、癌細胞の細胞分裂を停止させる22の抗癌化合物を含み、癌のリスクを50%低下させることができます。

2017年4月12日水曜日

ヨモギエクストラクト(精油)は癌細胞を殺す

 Wormwood Extract Kills Cancer Cells





ヨモギに含まれるアルテメシニン、鉄の存在下で劇的に乳がん細胞を死滅させる研究結果!

アルテメシニンの破壊的性質は、癌細胞における正常レベルより高いレベルの鉄によって誘発されることが判明。




多くの実験は、鉄の存在下でアルテメシニンが劇的に変わることを見出した。
新しい研究では、ヨモギの派生物であるアルテメシニンが鉄分豊富な乳がん細胞を死滅させるが、多くの健康なものには害を及ぼさないという報告がある。アルテメシニンの破壊的性質は、癌細胞における正常レベルより高いレベルの鉄によって誘発される。

乳ガン患者に朗報、鉄と対になったヨモギ(チャイニーズハーブ、Wormwood)は 16時間で乳癌細胞の98%を殺す!乳ガン患者に朗報



 
鉄と対になったヨモギに由来するアルテミシニンが、16時間で乳癌細胞の98%を死亡させることを発見しました。
 
 
 
 
150年前、がんはほとんど存在しなかったが、加工食品、低品質肉および乳製品、精製糖の消費が増加するにつれて、多くの新しい病気が浮上した。

加工食品の増加、低品質の肉や乳製品、精製された糖は、多くの新しい病気を引き起こしました!
多くの人々にとって、従来の治療は癌を治すために選択されていますが、すべての癌患者の88%が代替療法を受けるのが普通です。

いくつかの薬草療法は、研究が適用されるときに大きな結果を示しています。有力な抗癌剤タキソールでさえ、イチイの木の樹皮に由来します。多くの人々は、食品医薬品局によって規制されていないという事実のために、薬草を摂ることを躊躇しています。ハーブを使用することに興味のある人は、あなたを導く助けとなる薬草の専門家のケアを探して、あなたが取っている薬草が適切に投薬されていることを確認してください。

ヨモギは、ユーラシアと北アフリカの温帯地域に生息しており、カナダと米国北部で植えられ、栽培されています。観賞用植物として栽培されることが多いが、ほとんどの人はアウストの主要成分として使用されているため、植物に精通している。
 

2017年4月9日日曜日

簡単!ツナ缶(シーチキン)ランプの作り方 

ブログ「備える.jp」>「ツナ缶(シーチキン)ランプの作り方」より
最終更新日: 執筆者:高荷智也



ツナ缶(シーチキン)ランプの作り方

災害時の停電対策と非常食の備蓄を兼ねられる、ツナ缶ランプの作り方を詳しくご紹介。ツナ缶が1時間燃え続けるランプに変身、もちろん燃焼後は美味しく食べられます。

2017年4月2日日曜日

北欧フィンランド「世界で一番母親にやさしい国」

<親子にやさしいフィンランドの子育て> (上)かかりつけ保健師さん 妊娠から一家見守る
2016年6月29日 東京新聞 より






写真:シャラウェイさん一家を担当する保健師ピリオ・ラングドンさん(左)。子どもと親の状態を見守る=7日、ヘルシンキ市で





「ご両親はきちんと睡眠を取れていますか」


 ヘルシンキ市北部の保健施設「ネウボラ」。保健師のピリオ・ラングドンさん(52)が、三人の子連れの夫婦に尋ねた。四歳の子を抱いた夫のスティーブ・シャラウェイさん(35)は「よく寝られていますよ」とにこやかに答えた。

 ラングドンさんがシャラウェイさん家族と初めて会ったのは五年前。親が子育てをきちんとできる状態にあるかどうか、子どもが健康に育っているかどうかを確かめており、一歳の子の体重を量り、「大きくなったわね」と笑顔を向けた。


2017年4月1日土曜日

「日本、国際批判にもかかわらず、333匹のクジラを「研究目的」で殺す」

Japan kills 333 whales for 'research purposes' despite intl criticism



ロイター通信によると、

日本は、研究計画の一環として、

今後12年間に約4,000匹のクジラを殺すことを目標としており、

究極的な目標は商業捕鯨の再開だと述べている。

”Japan has said it aims to kill nearly 4,000 whales over the next 12 years as part of its research program and has previously stated that its ultimate goal is the resumption of commercial whaling, according to Reuters.” 

トックリクジラ Bottlenose Whale:

マッコウクジラゾウアザラシなどと同じく現在の地球上の生物で最も深く潜水する種族の一つ。少なくとも1453m の深海にまで達することが確認されている。ツチクジラ同様に本来は非常に好奇心旺盛で人なつっこい事が知られており、とくにキタトックリクジラは捕鯨時代、船に興味をもち接近するという習性が災いして格好の捕獲対象になってしまい、個体数の激減を招く原因の一つとなった。

2017年3月28日火曜日

健康・科学・医学・政治について真実の情報を探していたらこのサイトへ 「NaturalNews.com 」

 「NaturalNews.com 」運営者マイク・アダムスMike Adams博士(別名ヘルスレンジャー「Health Ranger」)について

プロフィール:

 マイク・アダムスMike Adams博士
(別名ヘルスレンジャー「Health Ranger」)

NaturalNews.comの創設編集者
 CWC Labsとして知られる国際的に認定された(ISO 17025)分析​​研究所の
ラボサイエンスディレクター


2017年3月27日月曜日

緊急時 避難用バグアウトバッグ(BOB)を作る方法


How to make your own Bug Out Bag (BOB) for emergency preparation

Image: How to make your own Bug Out Bag (BOB) for emergency preparation 
by NT

バグアウトバッグ(BOB:
Bug-out bag

緊急避難用に常に持ち出せるように準備しておくことが大切です。


ここでは、独自のバグアウトバッグを作成するプロセスと、それに含まれる必須アイテムについて説明します。

BOBバグアウトバッグは、自然災害や災害などの緊急時に自分を維持するのに役立つ、事前に準備されたサバイバルキットです。典型的なバグアウトバッグは、少なくとも72時間、ユーザーを維持するように設計されています。